ブログ as

  1. 煙道火災とは?

    煙突内部に付着したクレオソートに引火し燃焼すること。場合によっては煙突先端より炎を吹きだしシングル煙突部が1000℃に達することもあるので大変危険です。クレオソートの付着の原因は、乾燥不十分な落葉樹などの薪を使用した時や、不完全燃焼状態で長時間ストーブを使用した場合に付着しやすくなります。

  2. 煙突とは?

    ストーブから排出したCO、CO2、炭素、クレオソートを室外に排出する為の物です。空気が温度の高い所から低い所へ移動する原理を使い上昇気流を作り出し煙を外部へと送りだします。そしてストーブから排出された分、ストーブに新鮮な空気が取り込まれます。

  3. 熾き火とは?

    薪ストーブで燃焼した薪から、炭化水素が抜けて炭になり赤くいこっている状態をいいます。ある程度、灰が残っている所に熾き火があれば、より安定した熾き火を作ることができます。

  4. 加湿とは?

    薪ストーブを使用すると、発熱量が大きい為、部屋の乾燥がおこりますので出来れば加湿が必要です。ストーブの上にヤカンなどを置き、湿気を出すのも良いですが、効果を求めるなら、加湿器の設置が有効です。

  5. ガスケットとは?

    薪ストーブでは、ドアや灰取り口のフタのような気密性の必要な所にパッキンとして使用する部材です。一般的にガラス繊維をロープ状にしたものや、圧縮成型したものがあります。機種や使用部位によって様々な種類のガスケットがあります。

  6. ガラスクリーンシステムとは?

    燃焼中、燃焼排煙がガラス面に当たり、ガラス面に煤やクレオソート等でくもったりします。このくもりをなくすため、燃焼窓側のガラス面にエアーを流し、くもりを軽減するシステムです。ドアガラスと炎の間に新鮮なエアーを上部から下部に向けカーテン状に流し、タールなどの付着を抑える仕組みです。

  7. カロリー(単位)とは?

    薪ストーブの発熱量を表す場合には、よくカロリー(cal)が使われます。1gの水を1℃上げるのに1calが必要です。

  8. 間接給気とは?

    薪ストーブへの取り込みエアーは室内の空気を使い、この分ストーブのそばに外気が入る為の穴を設け本体とは直接繋がない給気方法です。ストーブ近くの床か壁面に設ける場合が多いです。

  9. キッチンストーブ/クッキングストーブ/クックストーブとは?

    燃焼室、オーブン、グリル、ウォーマー等の料理に必要な機能を持ち、暖房能力を持つ優れものです。後悔しないクックストーブの選び方として、オーブン室が鋳物で出来ているものを選ぶのが大切。温度も安定していて味とコクに差が出ます。

  10. キャタリティックコンバスターとは?

    二次燃焼方式の一つの方法で用いられるものです。一次燃焼室で燃え残した炭素、水素を、加熱したキャタリティックコンバスター(触媒装置)に送り、燃焼のサポートを行うものです。低い温度で使用すると、クレオソートの発生につながるので、一定の温度(250℃以上)で使用する必要があります。

TOPICS

おしらせ

BLOG

ページ上部へ戻る