ブログ as

  1. タールとは?

    薪の炭化温度は230℃です。薪が230℃に達すると炭化するとともに白い煙が出ます。これが炭化水素です。炭化水素は400℃程度で引火し、炎となります。炭化水素が100%燃焼すれば煙は発生しません。しかし、100%燃焼しなければ、一部の炭化水素は煙突内で冷えて液化し、結露します。

  2. 耐熱ガラスとは?

    出来る限り膨張係数を0に近づけたガラスで、熱膨張に強く割れにくい。薪ストーブの正面ドアなど、高温になる部分に使用されます。

  3. 耐熱セメントとは?

    一般的なセメントの耐熱温度は260℃とされています。これ以上の温度になると粉体に変化してしまいます。耐熱セメントはおよそ700℃ぐらいはもつとされています。ただし、乾燥していない状態で熱を加えると、沸騰してしまい、硬化しません。

  4. 耐火レンガとは?

    耐火レンガは熱に強いレンガのこと。鉄やガラスが溶けるような温度でも使用できます。1000℃を超えるいろいろな状況に応じて、その種類は非常に様々です。

  5. 耐熱塗料とは?

    熱により変質しにくい専用塗料。500℃~650℃の耐熱性を持つものが多いです。薪ストーブや煙突の表面の仕上げにも使われます。

  6. 対流とは?

    空気中の水蒸気の温度が上がると、膨張し質量が小さくなり上昇します。そして天井あたりの空気が押しやられ下降します。この空気の循環を対流といいます。

  7. 対流式ストーブとは?

    輻射のストーブの側面、背面に上下に循環できるような隙間壁を作ると、その間で空気の対流が起こります。この対流を起こすことによりストーブ本体の熱を早く室内に放出する事が出来ます。これを利用したのが対流式ストーブです。

  8. 築炉型暖炉とは?

    耐熱レンガを耐火セメントを用いて作り上げていく暖炉。

  9. 着火剤とは?

    固形又はゼリー状のものもある。材質はパラフィンやランプオイルなど。形状はキューブ型やマッチタイプなどがあり、それぞれ燃焼時間が異なる。

  10. 直接給気とは?

    薪ストーブへの取り込みエアーをパイプを使って、外気エアーを直接ストーブへ繋ぎこむ給気方法です。

TOPICS

おしらせ

BLOG

ページ上部へ戻る