施工事例

H邸 (京都府)/ネスターマーティン S43 屋根抜き工事

吹き抜け部分にストーブを設置。暖められた空気は上へ上ってしまうため、二階部分に開閉できる戸を設けています。二階を暖めたい場合は戸を開け、一階を暖めたい場合は閉めておけば、効率よくお部屋を暖めることができます。また、ストーブ扉の開く左側に、薪を置くスペースを設けているのもポイントです。薪入れの導線も考えて、炉台やストーブのレイアウトを決めておく事も大切です。

H邸

ページ上部へ戻る