施工事例

I邸 (京都府)/ネスターマーティン S43 床・屋根抜き工事

ストーブに薪を投入する際には、灰が多少こぼれ落ちますが、床のタイルスペースを広くとれば、汚れもあまり気になりません。更にタイルを床とフラットに施工すれば、掃除も楽にでき、生活導線の邪魔にもなりません。背面の熱養生として、壁全面にタイルを施工しています。
細かな部分まで配慮され、機能とインテリア性を兼ね備えた印象的なストーブ空間となっています。

I邸

I邸

ページ上部へ戻る