低温炭化とは?

低温といっても、100℃~300℃位の温度をいいます。
基本的に木などの炭化温度は230℃位とされています。この温度に達すると木は褐色化し、炭化水素等のガス(煙)を発生させます。
150℃程度でも長時間、木を温め続けると、内部の組織が変化して炭化が始まることがあり、これを低温炭化といいます。
低温炭化した部分は大変着火しやすく、炎が触れれば引火しやすい状態です。

薪ストーブ用語集 目次へ戻る

関連記事

おすすめ記事

  1. 美しい光沢を持つホーロー仕上げの薪ストーブについて...

BLOG

TOPICS

おしらせ

ページ上部へ戻る