の記事一覧

  1. 薪ストーブ講習会:2015 in ドラゴンハット

    薪ストーブ講習会:2015 in ドラゴンハット2015年5月2日(土)。今年の薪ストーブ講習会はゴールデンウィーク中に開催させていただきました。今年も会場は竜王町総合運動公園内ドラゴンハット。お馴染みとなりました大きなドームの屋外運動場です。

  2. 薪ストーブ講習会:2014 in ドラゴンハット

    薪ストーブ講習会:2014 in ドラゴンハット2014年4月29日(火)。今年は例年よりも少し時期を早めて薪ストーブ講習会を開催させていただきました。今年の会場は今回も竜王町総合運動公園内ドラゴンハット。大きなドームが特徴の会場です。

  3. 薪ストーブ用語集 目次

    薪ストーブ用語集 目次あ行 引火 ウォールサポート エアーコントロール エルボ煙突 煙道火災 煙突 熾き火か行 加湿 ガスケット ガラスクリーンシステム カロリー(単位) 間接給気 キッチンストーブ...

  4. ウォールサポートとは?

    壁面に煙突を固定する為の部材です。最近では、この部材を使わずに自在式サポート等でスマートに工事される事が多いです。

  5. エアーコントロールとは?

    燃焼用の空気の量をコントロールする仕組み。空気量を増やすと燃焼が大きくなります。

  6. エルボ煙突とは?

    二重煙突、シングル煙突の部材の中で、15°L、30°L、45°L、90°Lなどがあります。主に煙突の位置調整のために使用します。

  7. 煙道火災とは?

    煙突内部に付着したクレオソートに引火し燃焼すること。場合によっては煙突先端より炎を吹きだしシングル煙突部が1000℃に達することもあるので大変危険です。クレオソートの付着の原因は、乾燥不十分な落葉樹などの薪を使用した時や、不完全燃焼状態で長時間ストーブを使用した場合に付着しやすくなります。

  8. 煙突とは?

    ストーブから排出したCO、CO2、炭素、クレオソートを室外に排出する為の物です。空気が温度の高い所から低い所へ移動する原理を使い上昇気流を作り出し煙を外部へと送りだします。そしてストーブから排出された分、ストーブに新鮮な空気が取り込まれます。

  9. 熾き火とは?

    薪ストーブで燃焼した薪から、炭化水素が抜けて炭になり赤くいこっている状態をいいます。ある程度、灰が残っている所に熾き火があれば、より安定した熾き火を作ることができます。

  10. 加湿とは?

    薪ストーブを使用すると、発熱量が大きい為、部屋の乾燥がおこりますので出来れば加湿が必要です。ストーブの上にヤカンなどを置き、湿気を出すのも良いですが、効果を求めるなら、加湿器の設置が有効です。

TOPICS

おしらせ

BLOG

ページ上部へ戻る