の記事一覧

  1. 耐熱塗料とは?

    熱により変質しにくい専用塗料。500℃~650℃の耐熱性を持つものが多いです。薪ストーブや煙突の表面の仕上げにも使われます。

  2. 対流とは?

    空気中の水蒸気の温度が上がると、膨張し質量が小さくなり上昇します。そして天井あたりの空気が押しやられ下降します。この空気の循環を対流といいます。

  3. 対流式ストーブとは?

    輻射のストーブの側面、背面に上下に循環できるような隙間壁を作ると、その間で空気の対流が起こります。この対流を起こすことによりストーブ本体の熱を早く室内に放出する事が出来ます。これを利用したのが対流式ストーブです。

  4. 築炉型暖炉とは?

    耐熱レンガを耐火セメントを用いて作り上げていく暖炉。

  5. 着火剤とは?

    固形又はゼリー状のものもある。材質はパラフィンやランプオイルなど。形状はキューブ型やマッチタイプなどがあり、それぞれ燃焼時間が異なる。

  6. 直接給気とは?

    薪ストーブへの取り込みエアーをパイプを使って、外気エアーを直接ストーブへ繋ぎこむ給気方法です。

  7. 低温炭化とは?

    低温といっても、100℃~300℃位の温度をいいます。基本的に木などの炭化温度は230℃位とされています。この温度に達すると木は褐色化し、炭化水素等のガス(煙)を発生させます。150℃程度でも長時間、木を温め続けると、内部の組織が変化して炭化が始まることがあり、これを低温炭化といいます。

  8. トップとは?

    形状は様々ですが、煙突最上部に取り付け、雨の侵入を防ぐ大切なものです。鳥の侵入を防ぐ為、アミ付のものもありますが、タールの付着により目づまり等を起こす可能性があるので要注意。

  9. ドラフトとは?

    煙突を建てた後、煙突の下部を温め、上部先端部分の温度より高くすると上昇気流が発生します。これをアップドラフトといいます。この様な空気の流れを総称してドラフトといいます。

  10. 内装制限とは?

    室内に薪ストーブ、暖炉、囲炉裏などの火器を設置しようとした時、建築基準法において室内の壁、天井等の材質に制限を受けます。これを内装制限といいます。この内装制限により薪ストーブ、暖炉、囲炉裏などを設置する部屋は基本的に火気使用室扱いとなり、壁と天井を準不燃材で仕上げる必要があります。

TOPICS

おしらせ

BLOG

ページ上部へ戻る